電力を蓄えるシステム

ソーラーシェアリングは営農型発電設備とも呼ばれ、農地に設置されることが多くなってきました。農産物の収穫量を減らさずに電力を蓄えることが出来るシステムとして人気を集めています。

Read more

ソーラパネルの購入

農家の収入は年々減少傾向にあるため、農業以外での仕事で生計を立てる必要があります。農地にソーラパネルを設置することで売電収入を得ることができるため、ソーラシェアリングが人気を集めています。

Read more

畑を利用した発電

国土を利用したソーラーシェアリングはエネルギー不足の対策として注目されています。ソーラーシェアリングには専用の機材と施工工事が必要になり、販売業者の数が増加しています。

Read more

事前の安全点検

防火対象物点検と呼ばれるものは、防火対象物的点検報告制度によって管理することが義務付けられている対象のことを言います。具体的には劇場や映画館の様に不特定多数の人が集まる場所や、キャバレーやカフェの様な飲食店、百貨店やスーパーマーケットの様な物販を行う店舗、旅館やホテルなどの宿泊施設、病院や診療所、助産所などの医療関連施設や老人ホームなどの施設、幼稚園、入浴施設等が該当し、それらの施設は防火対象物点検として定期的に点検を行うことが義務付けられていると言えます。この様な点検は防火対象物点検資格者に依頼をして検査を行い、消防機関に報告するという仕組みで行われています。この様な制度は災害の歴史を繰り返さないために制定されているのです。

防火対象物点検を行う場合、点検資格者は主に次の6点をチェック項目としています。まず防火管理者を選任しているか、そして消火、通報、避難訓練を実施しているか、非常階段等に障害物が無いか、防火扉の閉鎖に障害となる物が無いか、カーテン等に防炎性能があるか、消防法の基準に適合した消防用設備が設置されているかなどのポイントが確認されます。 防火対象物点検の動向は防火対象物点検に関する法令等に変化が生じつことで変化が生まれることになるでしょう。その様な変化は現行の仕組みでは防げない問題が予測される場合に実施されるものであると言えます。しかしながら安全管理のために自主的にチェックをする仕組みの構築も重要であると言えるでしょう。